愛知県行政書士会名古屋支部

行政書士は「あなたの 街の法律家」として、適切なアドバイスと確実な手続を行います。

名古屋支部は、愛知県行政書士会に登録している行政書士の内、名古屋市の中村区・中川区・港区に 事務所を有する行政書士が所属しています。

「お知らせ」のページを更新しました(2019.2.2)

  • 平成30年度愛知県行政書士会名古屋支部新年賀詞交歓会報告

支部常設無料相談会開催のお知らせ

  • 名古屋支部では、以下の要領で、無料相談会を開催しています。市民の方々のご来訪をお待ちしています。
    • 開催日時:毎月第3火曜日 13:00~16:00
    • 開催場所:中村生涯学習センター1階ロビー(中村区鳥居通3丁目1番地の3)
    • 予約:不要
    • 相談内容:遺言・相続、成年後見、各種契約、各種許認可・登録・届出、不動産関係、戸籍関係(結婚、離婚、養子縁組)等
  • 問合せ先
    • 052-451-2628(事務局:名古屋・東京行政書士法人)

A-1.jpg

行政書士の業務

  • 行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類(その作成に代えて電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人 の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)を作成する場合に おける当該電磁的記録を含む。以下この条及び次条において同じ。)その他権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む。)を作成する ことを業とする。
  • 行政書士は、前項の書類の作成であつても、その業務を行うことが他の法律において制限されているものについては、業務を行うこと ができない。

(行政書士法第1条の2)

  • 行政書士は、前条に規定する業務のほか、他人の依頼を受け報酬を得て、次に掲げる事務を業とすることができる。ただし、他の法律 においてその業務を行うことが制限されている事項については、この限りでない。
    • 前条の規定により行政書士が作成することができる官公署に提出する書類を官公署に提出する手続及び当該官公署に提出する 書類に係る許認可等(行政手続法 (平成5年法律第88号)第2条第3号 に規定する許認可等及び当該書類の受理をいう。)に関して行われる聴聞又は弁明の機会の付与の手続その他の意見陳述のための手続において当該官公署に対し てする行為(弁護士法 (昭和24年法律第205号)第72条 に規定する法律事件に関する法律事務に該当するものを除く。)について代理すること。
    • 前条の規定により行政書士が作成することができる契約その他に関する書類を代理人として作成すること。
    • 前条の規定により行政書士が作成することができる書類の作成について相談に応ずること。
    • 前条の規定により行政書士が作成した官公署に提出する書類に係る許認可等に関する審査請求、異議申立て、再審査請求等行 政庁に対する不服申立ての手続について代理し、及びその手続について官公署に提出する書類を作成すること(当該業務について日本行政書士会連合会がその会 則で定めるところにより実施する研修の課程を修了した行政書士(「特定行政書士」という。)に限る。 )

(行政書士法第1条の3)

行政書士倫理綱領

  一、行政書士は、使命に徹し、名誉を守り、国民の信頼に応える。
  二、行政書士は、国民の権利を擁護するとともに義務の履行に寄与する。
  三、行政書士は、法令会則を守り、業務に精通し、公正誠実に職務を行う。
  四、行政書士は、人格を磨き、良識と教養の陶冶を心がける。
  五、行政書士は、相互に融和をはかり、信義に反してはならない。

A-5.jpg


 ご相談以外のお問合せは、以下のメールアドレス宛にご送信下さい。当支部の担当者からE-Mailで回答いたします。ただし、具体的な業務のご依頼につ いては、「会員情報」ページに掲載された当支部会員の行政書士に、直接ご連絡ください。

info@aichikai-nagoya.org

 お問合せをご希望の方は、「利用規約」及び「プライバシーポリシー」を必ずお読みください。利用規約及び個人情報の利用目的にご同意 いただいた上で、メールをご送信ください。

LinkIcon利 用規約LinkIconプ ライバシーポリシー